給与をビットコインで受け取り

GMOインターネット、給与の一部をビットコインで受け取り可能に

 GMOインターネットは12月12日、給与の一部をビットコインで受け取れる制度をグループ各社で導入すると発表した。従業員に仮想通貨に積極的に触れてもらうことで、仮想通貨関連事業への取り組みをさらに進める狙いだ。

取り組みの概要(案)

 同社グループ従業員4000名超が対象。希望すれば、給与の手取り支給額の一部(1万円から10万円まで、1万円刻み)を円の手取り支給額から天引き、その分をビットコインで支給する。

 支給したビットコインは、仮想通貨取引所「GMOコイン」の口座へ給与支給日に振り込む。円とビットコインの換算レートは「検討中」。また、申込金額の10%を「奨励金」として支給する。

 まずGMOインターネットの2018年2月給与分(3月支払い)から導入し、順次グループ全体に拡大する。

 同社グループは仮想通貨取引所「GMOコイン」を運営しているほか、18年1月からビットコインの採掘(マイニング)事業に参入する計画。仮想通貨への取り組みを強化していくために「まずは従業員が積極的に仮想通貨に触れることが不可欠」とし、新制度を始めることにしたという。

ITmedia NEWS