「女性が活躍する会社」

働く女性向け月刊誌「日経ウーマン」がまとめた「企業の女性活用度調査」で、

日本IBMが前年に続き1位となった。女性社員の職域を広げた日本生命保険

が前年の13位から4位に浮上。女性リーダー育成に力を入れる電機や、女性

社員の能力を引き出す取り組みに熱心な金融などが上位に入った。 調査は

1~2月、国内有力企業4316社を対象に実施、450社から回答を得た。

(1)女性の管理職登用度

(2)ワークライフバランス(仕事と生活の調和)度

(3)女性社員向け研修制度の有無など女性活用度

(4)女性社員比率など男女均等度

――の4部門で順位を付け、総合点を算出した。 日本IBMは女性管理職比率

が12・0%と平均(6・9%)を大きく上回った。2位のプロクター・アンド・ギャンブル

(P&G)は多様な働き方を推奨するワークライフバランス向上の取り組みが評価

された。 富士通(15位)が女性社員向けのリーダー研修を開催したり、日生が

女性部下の育成を話し合う男性上司向けのランチミーティングを設けるなど、

女性活用の工夫は多様化が進んでいる。詳細は7日発売の日経ウーマン6月号

に掲載される。

日本経済新聞