配偶者控除

配偶者控除、国民的議論を=見直しを示唆-麻生財務相

 麻生太郎財務相は2日の閣議後記者会見で、専業主婦やパートタイムで妻が働く世帯の税負担を軽減する「配偶者控除」について、「今から幅広く国民的な議論をしていく。政府税制調査会や自民党税制調査会で丁寧に検討されると思う」と述べ、さまざまな角度から見直す考えを示した。

 麻生氏は配偶者控除に関し、「奥さんの勤労意欲を阻害、抑制している面がある」と指摘する一方、「奥さんは家事をしている。その労働を無価値だというのはおかしい」とも発言。その上で「家族構成における所得の形が変わってきている。それに合わせていろんなことを考えないといけない」と語った。

時事ドットコムニュース

「夫婦控除」来年にも=時間外見直し、罰則必要―茂木自民政調会長

 自民党の茂木敏充政調会長は14日、報道各社のインタビューに応じた。

 専業主婦世帯の税負担を軽減する「配偶者控除」を見直し、夫婦を対象に負担軽減を図る「夫婦控除」を導入する案について「できれば年末の(2017年度)税制改正に盛り込みたい」と述べ、来年の通常国会での法改正に意欲を示した。

 安倍政権が進める「働き方改革」の柱の一つである長時間労働是正に向け、茂木氏は「一定の法的基準を設置することが必要だ」と指摘。「全く守られなくても構わないということでは、いつまでたっても是正できない」と、罰則規定導入も視野に厳格化を検討する考えを明らかにした。

 職種を限定している外国人労働者の受け入れに関しては「女性活躍のためには保育園などの施設整備に加え、育児・介護の人材不足解消が不可欠だ。具体的に検討を進めたい」と述べ、対象拡大に取り組む意向を表明した。 

時事通信